Browse By

スムージーは組み合わせ次第で栄養価アップ

スムージーといえば、組み合わせ次第でオリジナルの飲み物を作ることができるというのが魅力ですよね。
たとえば、いざスムージーを作ってみて苦くなったり酸っぱくなったりしても、後からいろんな食材を入れて自分好みに中和させることもできます。

52fa7e5bdbfa3f73e100162b._w.540_s.fit_
出典: www.thekitchn.com

例えば、レモンとバナナを組み合わせることによって甘すぎず酸っぱすぎず程よい甘酸っぱいスムージーを作ったり、ほうれん草等の苦味の気になるグリーンスムージーならはちみつを加えて飲みやすくしてみたり・・・。
単体たと苦手な食材でも、このようにスムージーにして他の食材と組み合わせることによって格段に飲みやすくすることができます。

スムージーは組み合わせ次第で栄養価アップ

d3c77e6d73955f235a3d1bcd2ab0d20b
出典: www.thekitchn.com

それだけではありません。組み合わせ次第で、お互いの栄養素を引き立たせる食材というものも存在します。たとえば、ほうれん草とレモンを組み合わせると、鉄分とビタミンそれぞれの吸収率が格段にアップするので、相性抜群です。生理中等の貧血予防なんかに最適の組み合わせです。

他にも、トマトとアボカドを組み合わせることによって、リコピンと脂質をそれぞれより効果的に摂取することができ、美肌効果絶大となります。このように、組み合わせ次第でそれぞれの栄養素の吸収率がアップしたりするので、食材の相性を知っておくということもスムージー作りにおいて欠かせません。
一方で、バナナとさつまいもといった絶対に避けたい組み合わせというものも存在します。
排便を促すさつまいもと体を冷やす効果のあるバナナをセットで摂取してしまうと、腹痛の原因となってしまいます。

03a77a2cd096b210afbcaa559b0df8f0_s

こういった負の組み合わせもあるので尚更知っておきたい知識だと思います。最近では、独学で栄養学の勉強をしたり、スムージーコンシェルジュといった資格の勉強をしているといった女性も増えています。こういった勉強をすることによって、自由自在に食材を操り、自分に必要な栄養素をより効果的に摂取することができます。興味のある方は是非チェックしておいてください。

320-100

車載カメラ0円開業ならビジネスリンクサービス西友カード・▲被リンク